ニキビと食事



ニキビの原因といえば・・・洗顔不足や脂っこい食事・・・。当サイトでも色々と取り上げているのですが、ニキビと食事の関係は皆さんが思っているほど強くないという説も出てきて、それが主流になりつつあります。

一昔前、「チョコレートや脂肪類の摂取はニキビを発生させ、悪化させる」と言われていました。しかし、現在ではその説は否定されつつあるようです。(・・・いや、このサイトでも脂っこいものは控えましょうって書いてしまったんですけど・・・(汗) なぜかというと、以前、ニキビに対する食事療法が流行ったときに思ったほど効果が上げられず、「本当に食事ってニキビに関係あるの?」という疑問が挙がったからです。

そして、詳しい調査が始まり、食事療法に対する結論が出ました。それは、脂肪類の摂取はあまり関係ないが、ビタミンA、B2、B6、亜鉛などの皮膚の新陳代謝をつかさどる栄養素は重要である、というものです。これらの栄養素の不足はニキビの悪化に大いに影響するというものです。

今まで無理に脂肪分を抑えていた人にとってはなんともやるせない結論ですよね。でも、脂肪分過多の食事というのは往々にして上記の栄養素が不足しがちになります。ニキビ対策として脂肪を抑えるのはあながち間違いで無いと思います。また、ダイエットにも関係してきますしね。脂肪の摂取を抑えるのは健康的にも良いことなので、是非続けていきたい習慣です。

以下は私のオススメ接種法です

ビタミンA:うなぎ(B2も豊富)、卵
ビタミンB:チョコラBB
ビタミンB6:青魚、バナナ
亜鉛:カキ、ウナギ、ササミ

レバーも栄養素としては秀逸ですが、これは私は苦手なので・・・。好きな人は食べてみるといいと思います。


[←戻る]